国際ロータリー2710地区 尾道東ロータリークラブ ONOMICHI-EAST ROTARY CLUB
  HOMEへ
プログラム・スケジュール メーキャップ受付・お問合せ
 
コンテンツ
ロータリーについて
尾道東RCの概要
会長挨拶
クラブの歴史
活動状況
リンク集
30周年記念事業 小林和作・森谷南人子・平田玉蘊
尾道は美の回廊
国際ロータリーのテーマ
2018-2019年度
国際ロータリーの
テーマ
地区信条
「仲間を増やそう、すべてはそこから始まる」
クラブ運営方針
輝こうロータリー
ふたたび!
 
 
 

「Enjoy」 TO BE A ROTARIAN


三宅宏
 RI会長  ロン D. バートン
 第2710地区ガバナー  沖田 哲義
■会長
■会長エレクト
■副会長
■幹事
三宅 宏
藤本 英次
徳永 素久
神村 芳生
■会計
■会場監督(SAA)
■副幹事
■副会長監督
    (副SAA)
高地 輝之
宮野 良隆
岸上 幸由
吉原 英介
この一年を振り返って 三宅宏

  忙しい一年です。そして、胸張って誇れる一年にしたいと考えています。尾道東ロータリークラブの会員の方々には周知の如く、尾道ロータリークラブを親クラブとして産声を上げてから、早、40年を迎えます。また、当クラブより、元廣ガバナー補佐を輩出しており、Intercity Meeting を企画、開催する年でもあります。そんな一年を「Enjoy」という信条で乗り切ろうと思います。「Enjoy」という言葉は、よくご存知の「楽しむ」という意味から、「満喫する」「享受する(芸術などを味わい楽しむ)」と言った意味合いも含まれており、「Enjoy」にto be a Rotarian(ロータリアンであることを:正しい英語であるか自信ありませんが)と続けました。今年開催されるイベントに間違いなく、全会員が何らかの形で携わります。その時、尾道東ロータリークラブの会員となった「縁」を想い全てのイベントを「Enjoy」していただきたいのです。

  今年、RI会長 ロンD.バートン会長は Engage Rotary Change Lives (邦訳:ロータリーを実践し、みんなに豊かな人生を)をテーマに掲げられました。このテーマに関し、沖田ガバナーは様々な考察を加え、「ロータリーを自分の中に取り込んで、自分の生き方を変えなさい」という、邦訳を導き出されました。また、沖田ガバナー自身の信条として、『奉仕活動を見直そう、「新しい奉仕活動への挑戦」』を掲げられました。これらについては、公式訪問の際に詳しくお話いただけるものと考えますので、この場での言及はしません。

  一昨年、宇根さんは「絆・賑わいの創出」を、また、昨年、山北さんは「親睦と奉仕」をテーマに掲げ、クラブ運営をしてこられました。 「Enjoy」を「テーマ」であるとともに、「手段」として、その流れを引き継いで行こうと考えています。 ロータリーは「奉仕団体」です。様々なイベントを通じ「奉仕」を具現化することへの、使命、責任を再確認しつつ、「Enjoy」する一年にしましょう。
 
 
(C) ONOMICHI-EAST ROTARY CULB All rights reserved. ROTARY INTERNATIONAL DISTRICT 2710