国際ロータリー2710地区 尾道東ロータリークラブ ONOMICHI-EAST ROTARY CLUB
  HOMEへ
プログラム・スケジュール メーキャップ受付・お問合せ
 
コンテンツ
ロータリーについて
尾道東RCの概要
会長挨拶
クラブの歴史
活動状況
リンク集
30周年記念事業 小林和作・森谷南人子・平田玉蘊
尾道は美の回廊

2022-2023年度
国際ロータリーの
テーマ
国際ロータリーのテーマ
地区信条
「人生100年時代に向けて、健康寿命を延ばそう」〜がん・生活習慣病の予防〜

クラブ運営方針
ロータリアンとしての自覚と誇りを持って、大いにロータリーを楽しもう
 

杢谷正樹
 RI会長  ジェニファー・ジョーンズ
 第2710地区ガバナー  石川 良興
■会長
■会長エレクト
■副会長
■幹事
山田 力正
川ア 育造
吉原 英介
入船 清司
  ■会計
■会場監督(SAA)
■副幹事
■副会場監督(副SAA)
樫野 竜
塚本 啓志
山岡 照明
織田 耕治
この一年を振り返って

 2021-22年度RI会長テーマ Serve to Change Lives 「奉仕しよう みんなの人生を豊かにするために」人のために世話をし、奉仕することが最良の生き方。なぜなら、その経験を通じて誰かの人生だけでなく、自分の人生を豊かにできるのだから…

 今年度第2710地区 杉川 聡 ガバナーは「みんなのためになるかどうか。未来のためになるかどうか。」〜多様性を受け入れ、相互理解を深めよう!!〜を信条とし、職業人を中心とした活動体であるロータリークラブは、社会に率先してダイバーシティ対応をし、「みんなのため、未来のため」にSDGsを意識して職業奉仕・社会奉仕を実践して頂きたい。

 また、今回のコロナ禍を一つの好機と捉えて、「みんなのためになるかどうか」と問いなら、DXを推進し、各クラブの運営の見直しを実施して頂き、また地区運営についても、「各クラブのためになるかどうか」を強く意識しながらの組織改革を示されています。

 地区ガバナーが示す運営方針の下、尾道東ロータリークラブのテーマを「50周年に向けて」〜クラブのためになるかどうか〜とさせて頂きます。

1.2021-22年度RI会長テーマと地区運営方針に則りクラブ運営に努めてまいります。

2.会員数50名以下のクラブ純増1名以上という地区会員増強目標を上回るよう努力致します。

3.クラブのDX(デジタルトランスフォーメーション)の推進
50周年に向けてクラブ運営の見直し。Zoomなどを活用して会議・例会など対応力強化

4.ロータリー奉仕デー推進支援、他団体との連帯

5.ロータリークラブとローターアクトクラブ間の協力強化

 
 
(C) ONOMICHI-EAST ROTARY CULB All rights reserved. ROTARY INTERNATIONAL DISTRICT 2710