国際ロータリー2710地区 尾道東ロータリークラブ ONOMICHI-EAST ROTARY CLUB
  HOMEへ
プログラム・スケジュール メーキャップ受付・お問合せ
 
コンテンツ
ロータリーについて
尾道東ロータリークラブの概要
会長挨拶
クラブの歴史
活動状況
リンク集
30周年記念事業 小林和作・森谷南人子・平田玉蘊
尾道は美の回廊
国際ロータリーのテーマ
2021-2022年度
国際ロータリーの
テーマ
地区信条
「みんなのために
なるかどうか。
未来のために
なるかどうか。」

〜多様性を受け入れ、
相互理解を
深めよう!〜


クラブ運営方針
クラブのために
なるかどうか
 
活動状況トップページへ戻る
 ロータリークラブの重要なミッションのひとつとして「青少年への奉仕、健全なる育成」が挙げられます。私たちはスポーツといった面から、真摯にスポーツに取り組み、確かな結果を得、今後も期待される若人を顕彰するといった形で、このミッションを行うこととし3年間の継続事業と致しました。
 本年はその最終年となりますが、未来ある青少年がスポーツを通じて健全なる心身の成長を遂げてくれることを願うものです。
 昨年はラグビーワールドカップで日本中が湧き、今年はオリンピックイアーでもあります。
記念すべき年に皆さんの前でご披露できることを嬉しく思っています。共に彼らの活躍を願い激励の拍手を贈っていただければ幸いです。
同時にオリンピアである竹内智香さんの講演も行います。スポーツの持つ素晴らしさが、若者に与える影響などを共に考える良い機会となることを願っています。


開催を心待ちにしておりましたが、同年2月より新型コロナウィルスが流行し始めたため
感染拡大防止の観点から、開催をやむを得ず中止と致しました。

奨励式に出席予定であった選手の皆さんたちには、
各選手たちの普段の活動を映像にして収録し
また、講師でお招きする予定であった竹内智香選手から激励メッセージを入れた
記念DVDを制作してプレゼント致しました。

開催は叶いませんでしたが
尾道出身の選手たちが、これからも故郷・尾道を胸に
自信を持って歩んでいくことを、ここ尾道から応援しています。



【DVDジャケット】


 
【DVD盤面】

 



北海道旭川市出身。1998年、14歳のときに長野オリンピックで衝撃を受けスノーボード競技での五輪出場を決意。その後2002年には高校生ながらソルトレイクシティ オリンピックに出場し、パラレル大回転で22位の成績を残す。その後トリノ、バンクーバー、ソチと4大会連続でオリンピックに出場。ソチでは銀メダルを獲得し、日本人女性のスノーボード選手で初のメダル獲得という快挙を達成し、2018年に開催された平昌オリンピックでは5度目の出場を果たした。オリンピック以外でも2012年のワールドカップで1位を獲得、2015年の世界選手権では銅メダルを獲得するなど、スノーボード界に名を残す成績を収めている。
 
クラブの活動状況TOPページに戻る
 
 
(C) ONOMICHI-EAST ROTARY CULB All rights reserved. ROTARY INTERNATIONAL DISTRICT 2710