国際ロータリー2710地区 尾道東ロータリークラブ ONOMICHI-EAST ROTARY CLUB
  HOMEへ
プログラム・スケジュール メーキャップ受付・お問合せ
 
コンテンツ
ロータリーについて
尾道東ロータリークラブの概要
会長挨拶
クラブの歴史
活動状況
リンク集
30周年記念事業 小林和作・森谷南人子・平田玉蘊
尾道は美の回廊
国際ロータリーのテーマ
2021-2022年度
国際ロータリーの
テーマ
地区信条
「みんなのために
なるかどうか。
未来のために
なるかどうか。」

〜多様性を受け入れ、
相互理解を
深めよう!〜


クラブ運営方針
クラブのために
なるかどうか
 
活動状況トップページへ戻る
 今年度国際ロータリー会長テーマ Rotary Opens Opportunities 「ロータリーは機会の扉を開く」・・・新しい人と出会い、その人たちにロータリーを楽しんでもらうことは、私たち自身にとっても楽しみであることを忘れてはいけません・・・私たちのクラブではオリンピックイヤーに因んでスポーツを通じて尾道を元気にしようと考えて市民公開講座を開催させていただきます。鳥内秀晃氏の講座が皆様にとって希望のハドル(アメリカンフットボールの試合中に行われるフィールド上で選手たちが円陣を組んで行う作戦会議のこと)で前へ前へと扉を開くよい機会となることを願っています。
  
 
これから飛躍するために必要な、
コミュニケーション能力や、
周りの人たちの助けを借りながら
チームの中での個人を磨く事などを
ご講演下さいました。
 



 大阪府出身。元々はサッカー選手で、大阪府立摂津高校在学時に全国高校選手権の大舞台を経験している。
 78年、関西学院大学 文学部に入学し、アメリカンフットボール部に入部した。1年時の秋からディフェンスバック、キッカーとして試合に出場し、副将を務めた4年時は守備のリーダーとして活躍。
大学卒業と同時にアメリカにコーチ留学し、サザンオレゴン大学(82〜84年)とUCLA(85年)で学んだ。帰国後、86年からアシスタントヘッドコーチ兼守備コーディネーターとしてファイターズを指導し、92年に監督就任。以降、甲子園ボウルの優勝は12回を数え、02年にはライスボウルも制覇した。16年には世界大学選手権日本代表チームも指揮。19−20年シーズンを最後にファイターズ監督の座から退く。鳥内監督が就任した1992年以来、学生日本一を決める甲子園ボウル優勝12回を数える。
 その強さの根源は「教育」にあり、学生たちに「自分はどう生きるか」「どんな男になりたいねん」と問い続け、スポーツを通じた人間形成を実践してきた。
 
クラブの活動状況TOPページに戻る
 
 
(C) ONOMICHI-EAST ROTARY CULB All rights reserved. ROTARY INTERNATIONAL DISTRICT 2710